2022年4月1日、U-22プログラミング・コンテスト実行委員会は、2022年度に開催する「U-22プログラミング・コンテスト2022」の応募要項を公開した。

 2022年4月から高等学校で新学習指導要領に基づく教科「情報」がスタートし、2024 年度以降の大学入学共通テストの科目にも「情報I」が加わる。若い世代にとって、ますますプログラミングは身近なものとなる。

 そのような状況の中、U-22プログラミング・コンテスト2022では、募集する部門(作品ジャンル)に「アート」が追加された。NFTやデジタルアートに注目が集まるトレンドを反映したかたちだ。

 また、2023年開催のコンテストの「キービジュアル」を募集する、「U-22キービジュアルコンテスト」が同時に開催される。キービジュアルとは、コンテストのWebサイトやポスターなどでメインとなるイメージ画像のこと。毎年、Webサイトのトップに飾られているイラストのことだ。今回選出された作品は、U-22プログラミング・コンテスト2023のキービジュアルとして使われる予定(※ただし、該当作なしの場合もある)。

 2022年のコンテストのキャッチフレーズは、「一点、集中。」。2022年のキービジュアルの真剣な眼差しとマッチしたキャッチフレーズだ。

 応募受付期間は、2022年7月1日(金)〜8月31日(水)。最終審査会や各賞の発表は2022年11月27日(日)。

 募集要項の詳細は、下記のU-22プログラミング・コンテスト2022のWebサイトを参照のこと。

[U-22プログラミング・コンテスト]