教育機関は補償金を支払うことで、個別に許諾を得なくても著作物を公衆送信できるようになる
  • ※画像をクリックすると次の画像に進みます