コロナ禍による在宅勤務や打ち合わせ、面接、授業といった場面でオンライン会議を利用する機会が増えている。こうした状況を受けて、カメラメーカーがデジタル一眼レフやミラーレスカメラなどをWebカメラとして利用できるドライバーソフトを提供している。一般的にデジタルカメラはパソコンやスマートフォンが内蔵するカメラと比べて撮像素子が大きく、高性能だ(図1)。オンライン会議を利用する機会が多い、商デジカメでオンライン会議の印象アップ談や面接などの大事な会議で相手に好印象を与えたいといった場合に、活用してはどうだろうか。

●手持ちのデジカメが高性能Webカメラに
図1 ミラーレスカメラで撮影した映像でビデオ通話する様子。背景を雰囲気が分かる程度にぼかし、注目させたい人物をくっきり映せる(出典:ニコンのソフト解説動画)