小中学校に1人1台の学習用コンピューターを導入するGIGAスクール構想により、全国の学びの現場でICTを活用する環境が整いつつある。その一方で、教える側がコンピューターに苦手意識を持っている場合もあり、現場は必ずしも準備万端であるとは言い難い。そのような中、いち早く「iPad」を取り入れて授業を進めている教員らが、その活用事例を紹介する電子書籍「あらゆる学びを創造的にデザインする」を無料で公開した。

 今回は、本プロジェクトのリーダーを務めた滋賀大学教育学部の岳野公人教授、事例を執筆した関西大学初等部の金本竜一教諭、近畿大学附属小学校の外山宏行教諭に電子書籍制作の背景を聞いた。

iPadを手にする子供たち
iPadを手にする子供たち
(出所:関西大学初等部 金本 竜一教諭)
[画像のクリックで拡大表示]

具体的なアイデアが詰まったカリキュラムガイド

 電子書籍「あらゆる学びを創造的にデザインする」は、現在「小学校編」「中学校編」が公開されており、いずれもアップルが運営するブックストア「Apple Books」から無料でダウンロードして読める。Apple Booksの電子書籍はアップル製端末に最適化されており、閲覧するにはアップル製端末の「ブック」アプリが必要だ。

 「あらゆる学びを創造的にデザインする」は、iPadを使ってどのような授業ができるのか、iPadのアプリがどのような活動に生かせるのかといったヒントが詰まったカリキュラムガイドだ。読むだけでもインスピレーションを得られるのだが、それ以外にも電子書籍の長所を活用した分かりやすいものになっている。

 例えば、書籍内に授業の様子を録画した動画が貼り付けられており、紹介されているカリキュラムで行った授業の様子や子供たちの反応を見ることができる。また、実際に使われた教材をダウンロードできるリンクが貼り付けられている場合もある。そのまま授業に使うこともできるだろうが、基本的にiPadに搭載されている標準アプリで使える教材なので、イメージする授業に合わせてカスタマイズするなどして使うのもよいだろう。

あらゆる学びを創造的にデザインする:小学校編
あらゆる学びを創造的にデザインする:小学校編
(出所:アップル)
[画像のクリックで拡大表示]
あらゆる学びを創造的にデザインする:中学校編
あらゆる学びを創造的にデザインする:中学校編
(出所:アップル)
[画像のクリックで拡大表示]