IT(情報技術)やデジタルに関する言葉は、英語を基にしたカタカナ語であったり略語であったり、あるいは技術的な専門用語であったりと、とっつきにくくて意味がよく分からないものが多い。しかし現代社会は、ITやデジタルが推進していると言っても過言ではない。そのため、世の中の動きやそれに関する会話・議論に付いていくためには、ITやデジタルに関する知識が不可欠だ。それは今や、社会人の“教養”として必須になっている。

 日経パソコンが発行した書籍『見る 読む 分かる IT&デジタル 重要キーワード』は、ITやデジタルの現状を把握するのに不可欠な言葉や用語をテーマごとに厳選。その意味や背景にあるトレンドなどをまとめた1冊だ。本稿では同書から、現代ビジネスに欠かせない必須のキーワードを5つピックアップして解説しよう。