新型コロナウイルス対策にVRを活用

 教育用途に仮想現実(VR)を活用する提案も目立った。授業の中でVRを利用することで、感染症対策にもなるという提案が多かった。例えば、ドローンで撮影した映像を基に作成した3D映像を利用した「3次元バーチャル修学旅行」。新型コロナウイルスによる感染拡大で修学旅行が中止になった小中学校や高等学校向けの提案だ。

ドローンを活用したICT教育・SDGs教育の提案をするワールドスキャンプロジェクト。児童・生徒が利用できるドローンを貸し出す「ドローン体験セット」も提供する
ドローンを活用したICT教育・SDGs教育の提案をするワールドスキャンプロジェクト。児童・生徒が利用できるドローンを貸し出す「ドローン体験セット」も提供する
[画像のクリックで拡大表示]

 GIGAスクール構想で児童・生徒に配布されたデジタル端末のセキュリティの確保は教育機関にとって大きな課題。セキュリティ関連製品の展示も多かった。レノボブースで展示されていた東芝インフラシステムズの「指紋認証USBドングル」は、パソコンにUSBドングルを挿すことで、ID・パスワードの代替として指紋認証を利用できるようにする。

「指紋認証USBドングル」(参考出展)は指紋認証機能をパソコンに追加できる。指紋情報はドングル内に保存され、校外学習などネットワークに接続していない状態でも利用できる
「指紋認証USBドングル」(参考出展)は指紋認証機能をパソコンに追加できる。指紋情報はドングル内に保存され、校外学習などネットワークに接続していない状態でも利用できる
[画像のクリックで拡大表示]