情報プレースメントテスト(プレIPT-2017)では正答率のばらつきが多かったという。喜多氏は、「大学ではOfficeソフトの操作を教える必要はないという意見もあるが、学生はアカデミックな活動に必要なICTスキルは身に着けていない」と指摘した
(出所=喜多氏の発表スライド)