2018年、2019年に試験的に実施した短期講座の成果。キャンセル率の減少、学生スタッフの負荷軽減などの効果があった