「U-22プログラミング・コンテスト」を主催するU-22プログラミング・コンテスト実行委員会は2019年10月1日、U-22プログラミング・コンテスト2019の事前審査を通過した40作品を発表した。40作品は、https://u22procon.com/result/にて確認できる。

 今回で通算40回目の開催となる同コンテストは、2019年から他のコンテストとの併願を原則不可としたが、406作品(参加者総数1145名)のエントリーとなった。また、今年度の同コンテストと連携している「全国小中学生プログラミング大会」(JJPC)では351作品の応募があり、両コンテストで合計757作品の応募となった。

 事前審査を通過した40作品の中から、一次審査で16作品まで絞り込まれ、2019年10月20日開催の最終審査会で、経済産業大臣賞(副賞40万円)をはじめとする各賞が決定する。

 最終審査会の詳細は、https://u22procon.com/にて確認のこと。また、最終審査会の様子は、ニコニコ生放送で配信される。

 最終審査会の日に同会場では、Programmer's Dayというイベントも開催する。本イベントでは、CSAJ(一般社団法人コンピュータソフトウェア協会)プログラミング教育委員会との合同企画として、プログラミング経験のない小学生向けのワークショップや、プログラミング教育を題材とした大人向けのパネルディスカッションを行う予定だ。

 Programmer's Dayの詳細は、https://www.csaj.jp/NEWS/committee/pge/191020_programmersday.htmlにて確認のこと。

最終審査会とProgrammer's Dayの詳細は、https://u22procon.com/で確認できる