Windows 11では、画面デザインと操作が大きく変わった。Windows10に慣れていると「どうして変えるんだ!」と腹立たしく感じるかもしれないが、全体にシンプルで分かりやすくなっているため、しばらく使えばWindows 11の方が快適に感じられそうだ。

 まずは、基本操作の変化を見ていこう。一番大きな変化は、アプリの呼び出しなどを行う「スタートメニュー」が従来の画面左端ではなく、画面中央に表示されることだ(図1)。画面下部のタスクバーも、アプリの切り替えや起動に使うボタン(アイコン)が左寄せから中央に移った。スタートメニューやボタンが画面中央にあると、マウスを大きく動かすことなく操作できるし、必要な項目を案外見つけやすい。

●「スタートメニュー」の位置とデザインが一新
●「スタートメニュー」の位置とデザインが一新
図1 Windows 11では、タスクバーのボタンが従来の左寄せから中央に移った。スタートメニューも中央に表示されるようになり、Windows 10の大きな特徴だったタイル表示が廃止されるなど、表示内容も大きく変化している
[画像のクリックで拡大表示]

スタートメニューが一新

 スタートメニューの表示内容も変わった。最上部に検索ボックスが置かれ、その下に、特定のアプリのアイコンを固定表示にした「ピン留め済み」と、最近追加したアプリやファイルなどが一覧表示される「おすすめ」が並ぶ。Windows 10だと、ピン留めしたアプリはスタートメニュー右側に四角い「タイル」で表示された。一方、Windows 11ではアイコン表示となっている。

 ピン留めされていないアプリは「すべてのアプリ」から呼び出せる(図2)。アプリ名の順番にアイコンが並び、見出し文字でジャンプできるのはWindows 10そのまま。スペースを有効に使えていないので、今後改良されるかもしれない。

●「すべてのアプリ」は別表示に
●「すべてのアプリ」は別表示に
図2 インストール済みアプリの一覧画面である「すべてのアプリ」は別表示になった(左)。アプリは名前順に整列しており、見出し文字をクリックすると好きな見出しの位置にジャンプできる画面に切り替わる(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 ユーザーの切り替えや電源のボタンは、スタートメニューの一番下に並ぶ(図3)。

●ユーザーと電源のボタン
●ユーザーと電源のボタン
図3 スタートメニュー下部にユーザー(左)と電源(右)のボタンがある。それぞれクリックすることでメニューが表示される。メニューの項目はWindows 10と同じようだ
[画像のクリックで拡大表示]

 スタートメニューには、見た目の小さな変化もある。角が丸くなり、タスクバーやスタートボタンから少し離れて表示されるのだ。この2点はWindows 11に共通するデザインになっている。アプリのウインドウやスタートメニュー以外にもタスクバーから呼び出される操作パネルなども同様なので、画面をよく見てみよう。

 ちなみに、ボタンやアイコンなどから少し離れて表示されるメニューや操作パネルを、Windows 11では「飛び出す」という意味の「フライアウト」と呼ぶようだ。

 タスクバーの操作は、アプリなどのボタンが中央寄せになった以外は、Windows 10と大体同じだ(図4)。ボタン下に表示されるバーの長さで、現在操作対象(アクティブ)になっているアプリと、背後(バックグラウンド)で動作しているアプリを判別しやすくなっている。

●「タスクバー」のアプリ切り替えはWindows 10を踏襲
●「タスクバー」のアプリ切り替えはWindows 10を踏襲
図4 アプリ切り替えの操作はWindows 10と同じ。ボタン下のバー表示が改善されており、操作中のアプリは長いバー、背後のアプリは短いバーで、見分けやすい
[画像のクリックで拡大表示]

 Windows 10では標準でタスクバーの中に表示されていた検索ボックス(入力欄)は、検索画面を呼び出すボタン表示のみになった(図5)。検索機能自体は、入力欄が検索画面の上部に移動している以外、現在のところWindows 10と同じだ。

●検索機能はボタンで呼び出すスタイルに
●検索機能はボタンで呼び出すスタイルに
図5 Windows 10でタスクバー内に表示されていた検索ボックスは、オプションでボタン表示も選択できた。これがWindows 11ではボタン表示のみとなった。検索機能自体はWindows 10から変化していないようだ
[画像のクリックで拡大表示]