Windows 11では、設定関連の機能もいろいろと変化する。

 まず、基本となる「設定」アプリのデザインが一新される(図1)。設定のカテゴリーが左側に常時表示され、各カテゴリーの設定項目は右側のメイン部分で指定する形式に変更となった。

●見た目や構成がリニューアルされた「設定」アプリ
●見た目や構成がリニューアルされた「設定」アプリ
図1 「設定」アプリは、Windows 10時代のカテゴリーだけが並んだホーム画面を廃止。画面左にカテゴリーを常時表示し、各カテゴリーの設定項目を右のメイン部分で選択するデザインに改められている
[画像のクリックで拡大表示]

 カテゴリーには、「システム」「個人用設定」などWindows 10でおなじみの名称が並んでいる。設定項目もWindows 10に近いものが多いので、困ることは少なそうだ(図2)。ただし、Windows 11では「WindowsUpdate」が独立した項目となり、Windows 10では「更新とセキュリティ」で同カテゴリーだったセキュリティ関連項目は、新たに「プライバシーとセキュリティ」としてまとめられた(図3)。さらに、パソコンの初期化に関連する「回復」や「トラブルシューティング」が「システム」に移動するなど、かなり整理されている。

図2 設定できる項目はWindows 10に近いが、一部新たに追加された項目や、別のカテゴリーに移動した項目などもある
図2 設定できる項目はWindows 10に近いが、一部新たに追加された項目や、別のカテゴリーに移動した項目などもある
[画像のクリックで拡大表示]
図3 セキュリティの項目は、プライバシーとまとめられた。「回復」と「トラブルシューティング」は「システム」に移動している
図3 セキュリティの項目は、プライバシーとまとめられた。「回復」と「トラブルシューティング」は「システム」に移動している
[画像のクリックで拡大表示]

 そのほか、Windows 10の「設定」にあったカテゴリーのうち、「電話」は「Bluetoothとデバイス」に、「検索」は「プライバシーとセキュリティ」にそれぞれ吸収され、カテゴリーは廃止されている。