千葉大学教育学部附属小学校の5年生が、IoTを活用して地域飲食店の課題を解決する活動を実践。MESHの人感センサーやスピーカーのブロックを使い、店の前を人が通るとしゃべる「まねき猫」を考えた