2021年11月1日、文部科学省は「学習eポータル」とCBTシステム「MEXCBT(メクビット)」の自治体向け説明会を開催し、11月下旬から提供する機能拡充版MEXCBTを利用する自治体の募集を開始した。希望する自治体は無料でMEXCBTを利用できる。

MEXCBTはインターネットを経由で各種のテストを受けられるCBT(Computer Based Testing)システム。地方自治体が実施する学力調査(地方学調)に加え、全国学力・学習状況調査の実施も視野に入っている
MEXCBTはインターネットを経由で各種のテストを受けられるCBT(Computer Based Testing)システム。地方自治体が実施する学力調査(地方学調)に加え、全国学力・学習状況調査の実施も視野に入っている
(出所:文部科学省の発表資料)
[画像のクリックで拡大表示]

 MEXCBTは国や地方自治体等が作成した問題を蓄積し、学習者がインターネット経由でテストを受けられるクラウドサービス。文部科学省が開発・運営し、これまで約14万人が利用した実績がある。文部科学省は全国学力・学習状況調査(全国学調)を順次オンライン化し、令和7年度(2025年度)には教科調査でCBTを導入する意向だ。これに向けた検証にはMEXCBTが使われ、本番の全国学調でも同システムが採用される可能性が高い。

 CBTには受験者の慣れが必要で、いきなりテストを受けても、問題を解く以前に操作などでつまずく恐れがある。全国学調にMEXCBTが使われるのであれば、各自治体は今から対応を検討する必要がある。なお文部科学省は、地方自治体との間で意見交換するためのCBT化検討研究会を立ち上げる。参加自治体を募集しており、2021年11月中に1回目の研究会を開催する予定だ。

MEXCBTの利用例。テスト結果は自動採点されてデータが返される。その結果を確認したり、ツールを使って分析したりできる
MEXCBTの利用例。テスト結果は自動採点されてデータが返される。その結果を確認したり、ツールを使って分析したりできる
(出所:文部科学省の発表資料)
[画像のクリックで拡大表示]

 MEXCBTは基本的に学習eポータルを通して接続する想定だ。MEXCBT自体はオープンな技術標準の下で開発しているため、学習eポータルは必須ではない。だが、教育機関向けプラットフォームを開発する大手4社がそろって学習eポータルに対応したため、実際はプラットフォームを通じてMEXCBTにアクセスする運用になるだろう。ただし、現時点でそうした教育プラットフォームを導入していない場合は、実証用の学習eポータルを使ってMEXCBTを試験的に利用することは可能だ。

機能拡充版MEXCBTの利用申請は、2021年11月19日が第1次締め切り、12月17日が第2次締め切り。第1次締め切りまでに申し込むと年内に利用を開始できるという
機能拡充版MEXCBTの利用申請は、2021年11月19日が第1次締め切り、12月17日が第2次締め切り。第1次締め切りまでに申し込むと年内に利用を開始できるという
(出所:文部科学省の発表資料)
[画像のクリックで拡大表示]

 文部科学省は教育データの利活用を推進するため、学習eポータルとMEXCBTの利用拡大を目指している。そのためにも全国学調がMEXCBTで実施されるのは既定路線だと考えられる。その場合、各地方自治体はMEXCBTの利用を検討せざるを得ないだろう。文部科学省の思惑通りに学習eポータルとMEXCBTが普及するのか、各自治体の動きが注目される。

文部科学省は全国学力・学習状況調査のCBT化に向け、検証に必要な事業予算を大幅に増やす方針
文部科学省は全国学力・学習状況調査のCBT化に向け、検証に必要な事業予算を大幅に増やす方針
(出所:文部科学省の発表資料)
[画像のクリックで拡大表示]