NECは2019年11月5日、教育機関向けのクラウドプラットフォーム「Open Platform for Education」を2020年4月から提供すると発表した。同時に、同社初のChromebook「Chromebook Y1」を発売した。価格はオープン。

NECが初めて販売するChromebook「Chromebook Y1」は、見た目も仕様もレノボ・ジャパンのChromebookとほぼ同じ。価格は導入案件ごとに決まる

 同プラットフォームは、教科書販売の日教販と協業してデジタル教科書を提供するのに加え、各種のデジタル教材やドリルといった教育コンテンツを提供するクラウドサービスだ。児童・生徒など学習者は、同プラットフォームにログインするだけで、さまざまな教育クラウドサービスを利用できる。さらに、児童・生徒ごとに活動履歴を記録して分析する「教育ダッシュボード」や、音声を認識してグループごとに発話内容や感情を可視化する「協働学習支援サービス」も提供する予定だ。

「Open Platform for Education」は、ポータルにログインすることで、連携する各種クラウドサービスを利用できるシングルサインオン機能を提供する。ポータルの画面は学年ごとや教員用など複数用意する予定(出所:NECの発表スライド)
NECは以前から、複数人の発話を区別して表示・分析をするシステムを開発していた。「協働学習支援サービス」では、グループごとに発話内容をタイムライン表示したり、児童・生徒の感情を推定したりできる(出所:NECの発表スライド)

 Chromebook Y1は、CPUに米インテルのCeleron N4000を採用。ディスプレイは11.6型で、解像度は1366×768ドット。OSは当然Chrome OSで、基本的にインターネットに接続してクラウドサービスを利用する。ハードウエアの仕様は、レノボ・ジャパンが販売する「300e Chromebook」とほぼ同じだ。

 Chromebook Y1を導入した教育機関はOpen Platform for Educationを利用できる。NEC 第一官公ソリューション事業部 初中等・教育産業ソリューショングループ部長の田畑太嗣氏は、「プラットフォームの利用自体は極力無料にしたい」と話す。プラットフォーム上で提供するサービスやコンテンツは有料だ。

ディスプレイはタッチ対応。360度回転させてタブレットスタイルでも使える

 Chromebookは、価格が安い、起動が速い、端末が多くても管理が簡単といった特徴があり、2017年頃から導入する自治体や私立中学・高校が増えている。NECは後発になるが、田畑氏は「教育ICTをハードからクラウドサービスまでフルレイヤーで提供するのはNECにしかできないこと」と自信を見せる。しかし、実際にプラットフォーム上で利用できるコンテンツやサービスはほとんど決まっていない。教育機関にとって魅力的なプラットフォームになるのかは、そのあたりが明らかになるまで分からない。