NECは以前から、複数人の発話を区別して表示・分析をするシステムを開発していた。「協働学習支援サービス」では、グループごとに発話内容をタイムライン表示したり、児童・生徒の感情を推定したりできる(出所:NECの発表スライド)