GIGAスクール構想で整備された児童・生徒1人に1台のコンピューターと高速な校内ネットワークを活用するため、文部科学省が推進する「MEXCBT(メクビット)」と「学習eポータル」の接続が2021年11月中に始まる。11月1日には、教育機関向けクラウドプラットフォームを運営する主要4社が学習eポータルへの対応を発表。学校設置者に向け、自社サービスをアピールするピッチイベントや説明会などを開始した。

各社の教育機関向けプラットフォームと「学習eポータル」「MEXCBT」の関係。主要4社が学習eポータル対応を表明したことで、MEXCBTへの接続を含む基本機能が使えるようになった
各社の教育機関向けプラットフォームと「学習eポータル」「MEXCBT」の関係。主要4社が学習eポータル対応を表明したことで、MEXCBTへの接続を含む基本機能が使えるようになった
[画像のクリックで拡大表示]

 文部科学省は全国学力・学習状況調査(全国学調)を順次オンライン化し、令和7年度(2025年度)には教科調査でCBT(Computer Based Testing)を導入する意向だ。それには同省のCBTシステムであるMEXCBTが使われる可能性が高く、各地方自治体は今から準備を始める必要がある。MEXCBTへの入り口になるのが学習eポータルだ。具体的なシステムとしては、民間事業者が提供する学習eポータル対応のクラウドプラットフォームを利用する。つまり、これからは児童・生徒が各自の端末から教育機関向けプラットフォームにログインし、そこからデジタル教科書・教材などで学習し、MEXCBTで全国・地方学調などのテストを受験することになるだろう。それだけに、地方自治体などの学校設置者の関心は高い。