日本教育工学協会(JAET)は2021年11月19日と20日の両日、第47回全日本教育工学研究協議会全国大会(大阪大会)をオンライン形式で開催した。取り組み事例を報告するセッションでは、GIGAスクール構想により変革が進む学校の状況を「地域ぐるみで取り組むGIGAスクール~『学校情報化先進地域』はどのようなスタートをきったのか~」と題して紹介した。

 和歌山大学教育学部教授の豊田充崇氏がコーディネーターを務め、地方自治体の教育委員会の担当者が取り組み事例を報告した。青森県六ヶ所村の状況については、同村教育委員会学務課指導グループGMの木村智氏が紹介した。六ヶ所村は2018年度に村内全小中学校が学校情報化優良校となり学校情報化先進地域に認定されるなど、学校の情報科には力を入れている。

青森県六ヶ所村は学校情報化先進地域に認定され、他地域に向けて情報発信を進めている
青森県六ヶ所村は学校情報化先進地域に認定され、他地域に向けて情報発信を進めている
出所:六ヶ所村発表資料「地域ぐるみで取り組むGIGAスクール」
[画像のクリックで拡大表示]

 教育委員会では「学校教育情報化推進計画」を策定し、情報化推進会議を年3回開催しており、教員のICT活用能力の向上と六ヶ所村ならでは教育、情報活用能力を学習基盤とした資質・能力の育成に努めている。環境整備に関しては、教育情報セキュリティポリシーの策定と改定、タブレット端末使用規定の策定、ICT環境・タブレット端末持ち帰りマニュアルを作成した。教員の働き方改革として、統合型校務支援システムを運用開始し、「Google Workspace for Education」を導入して活用している。

 先進地域として他地域への情報発信を進めており、全国の先進的な取り組みの情報を収集して提供している。他地域の教員研修会に指導主事を派遣して活用研修なども行っているという。GIGAスクール構想では、キーボードのタイピングスキル向上や情報活用能力の育成、クラウドを活用した主体的・対話的で深い学びの視点からの授業改善、タブレット端末の持ち帰りの日常化など、できることから実践している。

  滋賀県草津市は、同市教育委員会事務局学校政策推進課 専門員の宮嶋貴憲氏とICT教育スーパーバイザーの糠塚一彦氏が取り組み状況を報告した。

 「GIGAスクール草津スタイル」を実現するため、アナログとデジタルを組み合わせた学校活動のいっそうの充実と深い学びにつながる授業改善を「NEW草津型アクティブ・ラーニング」として進めている。教員を「ラーニング・オーガナイザー」と位置付け、個別最適化した学びのまとめ役となり、個々の子供と学びの授業における協働学習をデザインする役割を果たす。端末をいつどのように使うかを児童・生徒が選び、学習した内容をデジタルで蓄積することによってICTの活用を進める。

滋賀県草津市はアナログとデジタルを組み合わせて授業を改善する「NEW草津型アクティブ・ラーニング」を推進している
滋賀県草津市はアナログとデジタルを組み合わせて授業を改善する「NEW草津型アクティブ・ラーニング」を推進している
出所:草津市発表資料「地域ぐるみで取り組むGIGAスクール」
[画像のクリックで拡大表示]

 授業やホームルームはオンラインで実施し、文部科学省の学習者用デジタル教科書実証事業に参加し、効果的な活用とその効果の検証を行っている。教員のICT活用指導力や授業力を高めるため、支援体制も充実させている。ICTスーパーバイザーやスキルアップアドバイザーが訪問指導するのに加え、ICT支援員による支援、各種の研修も実施している。教育情報化リーダー研修会は年7回実施しており、各校の研修計画をブラッシュアップしたり、チームに分かれて協議を行ったりしている。

 福岡県うきは市は、教育センターの矢野昌之氏が学校教育ICT化の軌跡を報告した。小学校7校、中学校2校のうきは市では、市全体の政策として「うきは市ルネッサンス戦略」を定め、教育全体の方針を定めた「教育大綱」に基づいた教育施策「教育情報化推進計画」を決定している。これらの政策に従い、ICT環境や学びのための整備を進めたとしている。

福岡県うきは市はICT環境を生かした授業づくりを進めるため、ICT支援員を活用した学習支援や教員研修に力を入れている
福岡県うきは市はICT環境を生かした授業づくりを進めるため、ICT支援員を活用した学習支援や教員研修に力を入れている
出所:うきは市の発表資料「地域ぐるみで取り組むGIGAスクール」
[画像のクリックで拡大表示]

 GIGAスクール構想前は3.6人に1台の「iPad」を配備していたが、現在は1人1台体制が整備された。また、市がICT支援員を雇用することで、従来以上に学習支援ができるようにしたという。教員研修にも力を入れ、全小中学校の教職員を対象に行う研修会や実技研修、学校ごとの校内研修でICTを活用した授業づくりを進めていると話した。