無料、少人数のレッスンなら侵害の可能性は小さい

 合唱や合奏の練習にZoomを利用する人が増えているという。営利目的ではなく、集まって練習するならよいが、Zoomを使うのは問題だ。

 YouTubeなどと異なり、ZoomはJASRACなどの管理団体と音楽関係の著作権契約を結んでいない。

 有料のレッスンを行う場合、音楽教室での生徒に対する演奏であっても著作権料を納めるべしとの判決が出ており、オンラインでも同様の扱いと考えられる。JASRACが管理しているかどうかを確認し、必要な手続きをしよう。

JASRACが管理する楽曲かどうかは、「J-WID」で検索することができる
JASRACが管理する楽曲かどうかは、「J-WID」で検索することができる
[画像のクリックで拡大表示]

初出:日経パソコン 2020年10月12日号