中高生の学校生活は行事が目白押しです。入学式、体育祭、遠足、夏休み、文化祭、合唱コンクール……。その合間にテストがあり、いつも準備と勉強に追われている毎日です。部活動やアルバイトをしている人もいるので、今の子どもたちを見ていると自分もこんなに忙しかったのかと驚くほどです。

 振り返ると、体育祭や文化祭は一大イベントでしたよね。それはイマドキの中高生にとっても同じです。最近の体育祭では、5つほどのグループに分かれて、各チームでチームカラーの衣装をそろえます。おそろいのTシャツを業者に発注して作ったり、応援合戦のダンスの衣装を布から作成したりと当日まで大変な苦労をします。髪の毛をその日だけチームカラーに染めることを許可する学校もあります。赤い髪や青い髪にラメを付けて、かなり派手なヘアスタイルです。男子も女子も、頭の先から靴ひもまで、当日だけの仮装をして体育祭に臨むのです。

 その晴れ姿や当日の様子はもちろん、SNSに公開します。「プリキャンティーンズラボ byGMO」が2018年9月に行った「Instagramに関する調査」では、女子中高生の約8割が学校行事をInstagramに投稿しているとのこと。その内訳は、最も多い行事が「卒業式(83.6%)」、続いて「体育祭・運動会(80.6%)」、「修学旅行(79.7%)」、「文化祭(76.9%)」となっています。この調査はInstagramのみですが、LINEのタイムラインやTwitterでも同様に投稿されていることを確認できます。

全身はプリクラで撮影

 楽しそうな様子はハッシュタグで検索することができます。執筆時点では「#体育祭」が77.9万、「#文化祭」が80.5万の投稿がありました。ショート動画機能「ストーリーズ」は友人限定の場合が多いので数は分かりませんが、検索画面からいくつか見ることができました。実際はストーリーズへリアルタイムに投稿し、翌日以降に良い写真や動画をフィードへ投稿しているので、総数は相当なものでしょう。

 さらに体育祭や文化祭の衣装をしっかり写真に残すため、女子高生たちは行事が終わったその足でプリクラへと向かいます。スマホの自撮りでは上半身しか写せませんが、プリクラなら全身を残せます。さらにプリクラは、顔だけでなく、足長効果など全身を美しく加工できるのです。撮影した写真を細かく画面で調整したら、スマホに画像を送ります。もちろんプリントも出てくるのですが、大事なのはデータです。そのデータをInstagramやTwitterに投稿して、友人とコメントを交わし、ようやく行事が終わります。

 青春の思い出がきめ細かく写真や動画に残っていることは羨ましくもありますが、少し心配な面もあります。こうした行事写真には学校名が少なからず入っていることです。また、写真を交換するために、SNSアカウントのQRコードをTwitter上で公開している人もいます。悪い大人に狙われないように、個人情報はメッセージでやり取りするように伝えていきたいですね。

出典:日経パソコン、2019年7月22日号、同名コラムより
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。