Twitterは2020年11月11日に、新機能「Fleet(フリート)」をリリースしました。24時間たつと自動で消える投稿ができる機能です。

 フリートは、Twitterアプリのホーム画面上部に丸いアイコンで表示されます。タップすると再生が始まり、次々とほかのアカウントのフリートも表示されていきます。ホーム画面に表示されるフリートはフォローしているアカウントのみですが、フォローしていないアカウントでもプロフィール画面へ行くと見ることができます。

 フリートにはテキスト、画像、動画を投稿できます。画像や動画にテキストの文字を入れて加工することもできます。投稿できる動画は最長30秒まで。投稿されたツイートをフリートにシェアすることもでき、その際はツイートの画像部分をタップすると、元ツイートが表示されます。

 なぜTwitterはフリートをサポートしたのでしょうか。理由についてTwitter Japanは、「皆さんがその時のできごとや気持ちをもっとリラックスして共有できる方法を模索してきました」としています。Twitterはもともと「渋谷なう」など、特に意味のない気軽な投稿を楽しんでいたツールでした。しかし、最近では「いいね」やリツイート数にとらわれ、投稿のハードルが上がっているユーザーが増えています。そこで、24時間で消去されることで、ユーザーが投稿しやすくなることを狙ったのです。

 フリートがリリースされて1週間ほどたってからこの原稿を書いていますが、反応は上々のようです。リリース日には「こんな新機能要らない」と言っていたユーザーも多く見かけましたが、今のところTwitterの狙い通りに気軽な投稿を楽しんでいるようです。

先行同様のトラブルも?

 ただし、Twitterユーザーが戸惑う点もありました。それは、閲覧履歴が残ることです。フリートは誰がその投稿を見たのか、投稿主が確認できるようになっています。こっそりとフリートをのぞきたくてもできない仕組みです。また、絵文字やコメントで反応すると、投稿主にDM(ダイレクトメッセージ)で送られます。Twitterの場合は実際の知り合いではなく、情報の入手先としてアカウントをフォローしていることも多いため、軽くいいねしたつもりがDMになってしまうと戸惑いますよね。

 さて、既にお気付きの人もいるかもしれませんが、フリートの機能はInstagramの「ストーリーズ」によく似ています。Instagramのストーリーズも24時間たつと自動で消える投稿機能で、10~20代の若者を中心によく使われています。

 となると、ストーリーズで起こっているトラブルがTwitterでも起こる可能性があります。24時間で消えるといっても、スクリーンショットを撮影されれば保存できる上、ほかのSNSにも拡散できます。油断してアルバイト先でふざけた動画をアップして炎上したり、過激な発言をシェアしたりすると、保存されてどこかに投稿され、炎上する可能性があります。気軽な投稿は楽しいものですが、若者には「ネットに一度公開したものは消えない」と気を引き締めて使うよう話しておきましょう。

出典:日経パソコン、2020年12月28日号、同名コラムより
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。