「IT 難民な祖母との コミュニケーション装置」はスマホが使えない祖母とチャット形式でコミュニケーションができる装置です(図1)。スマホからLINEに送ったメッセージが家のテレビに表示され、テレビの横に設置したボタンを押すと、押したボタンに応じた返信がLINEに返る仕組みです(図2)。

図1 テレビの前に三つのボタンとLEDを取り付けた
図2 左からLINE画面の表示ボタン、「わかった」ボタン、「電話して」ボタン

 父親と祖母の3人暮らしで、祖母が夕食の支度をしていますが、耳が遠くなってしまい、夕食を用意するタイミングが電話では伝えづらくなったのが開発のきっかけです。

 家族は「今、学校終わった。あと○時間で帰宅」などとラズパイ用に取得したアカウントにメッセージを送信します。ラズパイにメッセージが届くとテレビの手前に取り付けたLEDが点滅します。テレビをオンにしたのち、テレビの前に据えた白いボタンを押すとLINEのメッセージ画面が表示されます。メッセージを返信するボタンは「わかった」と「電話して」の二つに絞りました。

 LINEメッセージの受信にはLINE Messaging APIを使い、メッセージの表示にはSeleniumを使っています。ボタンは100円ショップで手に入れたタッチ操作式のLEDランプを改造して作ってあります。

【PR】日経Linux 9月号が好評発売中!
 日経Linux 9月号では「Linuxの遊び方大全100」と銘打ち、Linuxを遊び感覚で楽しく活用する方法を100本集めた大特集を掲載しています。付録冊子の「ラズパイ&電子工作 スタートブック」では「Raspberry Pi(ラズパイ)」の基本的な使い方と電子工作の入門を100ページでまとめました。

 この夏は新型コロナ禍により外出しづらい日々になりそうですが、自宅でじっくり楽しめる、Linuxやラズパイに挑戦してみてはいかがでしょうか。

日経Linuxの購入は<<こちら!>>