ホテルの洗面所や浴室で見かける、湯と水のカランを別々にひねるタイプの給湯器は、温度の調整がなかなか大変です。「Fast Bath」は、このカランにワンタッチで取り付け、お湯の温度を自動調整するシステムです(図1)。専用のAndroidアプリと連動し、リモートでお湯を張ることも可能です。

図1 給湯器のカランをサーボで自動調整

 大きな方の防水容器の中にラズパイ本体、カランをひねるサーボモーターを二つ、モバイルバッテリーを収納しています(図2)。容器の下にある黒い部分はカップになっており、カランの凹凸に合わせてはめ込みます。もう一つの防水容器は底面に温度センサーを内蔵しています。浴槽に浮かべることで張った湯の温度を測定します。

図2 本体と温度センサーはともに防水式

 図3は制御用のAndroidアプリです。画面左上で温度が調整でき、「クイックスタート」を押せばすぐ給湯が始まります。

図3 専用アプリで給湯の予約も可能
【PR】日経Linux 9月号が好評発売中!
 日経Linux 9月号では「Linuxの遊び方大全100」と銘打ち、Linuxを遊び感覚で楽しく活用する方法を100本集めた大特集を掲載しています。付録冊子の「ラズパイ&電子工作 スタートブック」では「Raspberry Pi(ラズパイ)」の基本的な使い方と電子工作の入門を100ページでまとめました。

 この夏は新型コロナ禍により外出しづらい日々になりそうですが、自宅でじっくり楽しめる、Linuxやラズパイに挑戦してみてはいかがでしょうか。

日経Linuxの購入は<<こちら!>>