「らくらく在庫管理」は人手が足りず、新たなPCを置くスペースもないような小規模なクリニック(医院や診療所)でも、薬品などの在庫管理が可能になるシステムです。多くのクリニックでは人手が足りず、在庫管理用のPCを新たに置く場所すらないのが実情です。そこでラズパイとバーコードリーダー、スマートフォンを組み合わせて、コンパクトな在庫管理システムを製作しました(図1)。

図1 ラズパイ、バーコードリーダー、スマートフォンだけで構築できる

 ラズパイは電源さえあれば棚の片隅に置いて動作させられます(図2)。スタッフは自分の持つ携帯端末からソフトの確認や操作が可能です(図3)。これにより、導入に当たっての設置場所の問題をクリアしています。

図2 本体は棚の空きスペースなどに置ける
図3 画面操作はタブレットやスマホでOK

 業務用の在庫管理システムに比べてコストが大きく下がるのも特徴です。原価はバーコードリーダを含めても安価で、容易に導入が可能です。

【PR】日経Linux 9月号が好評発売中!
 日経Linux 9月号では「Linuxの遊び方大全100」と銘打ち、Linuxを遊び感覚で楽しく活用する方法を100本集めた大特集を掲載しています。付録冊子の「ラズパイ&電子工作 スタートブック」では「Raspberry Pi(ラズパイ)」の基本的な使い方と電子工作の入門を100ページでまとめました。

 この夏は新型コロナ禍により外出しづらい日々になりそうですが、自宅でじっくり楽しめる、Linuxやラズパイに挑戦してみてはいかがでしょうか。

日経Linuxの購入は<<こちら!>>