拡張ボード「RASPI-HOME」と組み合わせて制作した電子単語帳です。ディスプレイ部分に英単語を表示し、手前に30度以上傾けると対応する日本語に表示が切り替わります。スイッチを押すと、次の英単語が表示される仕組みです。

 RASPI-HOMEは、128×64ピクセルのOLEDディスプレイや4個のタクトスイッチ、温度/湿度/気圧センサー(BME280)、2個のLED、圧電スピーカー、赤外線レシーバー、赤外線LEDを備えた拡張ボードです。今回は、OLEDディスプレイとタクトスイッチを利用し、さらに加速度/ジャイロセンサー(MPU6050)を追加で取り付けました。OLEDディスプレイは英単語の表示、加速度/ジャイロセンサーは日本語の表示、タクトスイッチは英単語の出題で使っています。

 英語があまり得意ではないため、学習のために制作しました。将来はTOIECで満点を取りたいと考えています。

【PR】ラズパイマガジン10月号が好評発売中!
 「積み木ができる小さなロボットアーム」「人が近づくと回り出す卓上扇風機」。そんな作って楽しい9種類の作品を製作しながら、30種類の電子工作の基本ワザを身に付けます。ハードワザとソフトワザを15種類ずつ紹介します。

 ラズパイ4の8GB版、64ビットOS、新高精細公式カメラの実力はどの程度か。性能や使い勝手をしっかり検証します。Webのコロナ情報を調べて警告するマシン、抵抗16本をベースに自作するADコンバーターも併せて作りましょう。

ラズパイマガジン10月号の購入は<<こちら!>>