テレワークやオンライン授業のニーズが高まっている今、多くの人の支持を集めているのが米ズームコミュニケーションズの「Zoomミーティング」だ。テレビ電話のような感覚で、インターネットを介して遠方にいる人とも顔を見ながら会話できる。この連載では、書籍「テレワーク実践ガイド 完全版」の中から、Zoomミーティングを使ったビデオ会議の始め方や利用時のコツを解説する。
図1 Zoomミーティングを使うには、ミーティングの主催者(ホスト)のみアカウントの作成が必要。無料で 作成できるので、作っておこう

 Zoomミーティングは、無料版だと3人以上の会議は最大40分間までという時間制限があるものの、必要な機能が揃っている。アカウント登録も主催者だけがすればよく、使い方が分かりやすいなど人気がある(図1)。

 Zoomでビデオ会議を開催するには、主催者が「新規ミーティング」を作成してホストとなり、参加者に招待状を送付する。参加者は、その招待状に記載されたURLを開けばよい。ZoomミーティングはWebブラウザーからも利用できるが、アプリの方が動作は断然軽い。また、アカウントの登録完了時や招待状のURLを開くと、アプリのインストールを促す画面がいちいち開く。それが面倒なら、事前にインストールを済ませておこう。パソコンはWebページから(図2)、スマホやタブレットは各アプリストアで入手する(図3)。

図2 先にアプリをインストールしておくと、後の操作が楽になる。Zoomのダウンロードページを開き「ミー ティング用Zoomクライアント」の「ダウンロード」をクリックし、実行ファイルを入手する。それを実行して画面 の指示に従ってインストールする。インストール後、アプリが起動するがそれは閉じて構わない
図3  スマホでもミーティングに参加可能だAndroid 用とiPhone 用があり、各アプリストアから入手できる