スピーカーやマイクを事前にテスト

 ミーティングを開始する前に、スピーカーやマイクを事前に確認しておこう。Webブラウザーからアプリが開くので、テストを開く(図8~図10)。スピーカーから音が鳴るが、聞こえない場合は、音を出すデバイスを変えて試す(図11)。マイクは、話すとスピーカーから声が鳴る。こちらも反応しなければ、ほかのデバイスに切り替えて試す。また、マイクのミュートスイッチがオンになっていないかも確認しよう。テストを完了すると、そのままミーティングが始まるので、一度アプリを閉じる。

<b>図8</b> アカウントの作成が完了すると「テストミーティングを開始。」という画面が表示されるので、「Zoomミーティングを今すぐ開始」を選ぶ
図8 アカウントの作成が完了すると「テストミーティングを開始。」という画面が表示されるので、「Zoomミーティングを今すぐ開始」を選ぶ
[画像のクリックで拡大表示]
<b>図9</b> Webブラウザーでアプリ起動の要求画面が表示されるので「開く」を選ぶ。あらかじめインストールしていたアプリが起動する
図9 Webブラウザーでアプリ起動の要求画面が表示されるので「開く」を選ぶ。あらかじめインストールしていたアプリが起動する
[画像のクリックで拡大表示]
<b>図10</b> アプリが起動したら「コンピューターオーディオのテスト」を選ぶ。本番で慌てないよう、実際に会議で使う環境にして動作を確認しておこう
図10 アプリが起動したら「コンピューターオーディオのテスト」を選ぶ。本番で慌てないよう、実際に会議で使う環境にして動作を確認しておこう
[画像のクリックで拡大表示]
<b>図11</b> 最初に音が出るか確認し、問題なければ「はい」を選ぶ。音が出なければ「スピーカー1」で、音を出したいデバイスを選択する。次に、マイクのテストが始まるので、マイクに語りかけるとスピーカーから声が出る。声が出ない場合はこちらもデバイスを選択する。テストが完了し「コンピューターでオーディオに参加」を選ぶ。これでアカウントの作成は完了したので、アプリを閉じて構わない
図11 最初に音が出るか確認し、問題なければ「はい」を選ぶ。音が出なければ「スピーカー1」で、音を出したいデバイスを選択する。次に、マイクのテストが始まるので、マイクに語りかけるとスピーカーから声が出る。声が出ない場合はこちらもデバイスを選択する。テストが完了し「コンピューターでオーディオに参加」を選ぶ。これでアカウントの作成は完了したので、アプリを閉じて構わない
[画像のクリックで拡大表示]

 次回は、実際の会議を設定して招待する方法や、招待された場合の参加の方法を解説する。

テレワーク実践ガイド 完全版
在宅勤務の急増で、ビデオ会議やビジネスチャットを利用した情報共有など、オンラインでのコミュニケーションが当たり前になりつつあります。 そんな「テレワーク」の導入から実践までを、実務に即して分かりやすく解説します。

編集:日経パソコン
発行:2020年9月14日
価格:1680円+税

>>購入は【こちら!】