「マイ・ホームネットワーク」は家の周りのさまざまな情報を各種のセンサーで収集し、音声でお知らせする装置です(図1)。

図1 システムの全体図。独立した各種のセンサー装置を家の内外に設置し、無線で「収集センタ」に情報を送る
図1 システムの全体図。独立した各種のセンサー装置を家の内外に設置し、無線で「収集センタ」に情報を送る
[画像のクリックで拡大表示]

 気象関係の機能としては室内の温湿度、屋外は温湿度のほか気圧とUV(紫外線)指数(図2)、雨の降り始めと雨上がりを通知するほか、気温が35度を超えた場合とUV指数が8.0を超えた場合は警告を発します。このほか、天気予報のWebページを読み込む機能もあり、当日から3日分の天気概況を声で知らせるほか、雨情報を取得して、日中の外干しができるか、夜中に干したままで大丈夫かの判断を音声で知らせます。

図2 屋外に設置した温度センサー。赤いアンテナ付きの基板が無線装置
図2 屋外に設置した温度センサー。赤いアンテナ付きの基板が無線装置
[画像のクリックで拡大表示]

 侵入者検知機(図3)との連携で侵入の通知も可能です。ドップラーセンサーで人の接近と遠ざかりを検知します。

図3 侵入者検知器は手元にあった桐箱に納めた
図3 侵入者検知器は手元にあった桐箱に納めた
[画像のクリックで拡大表示]
【PR】日経Linux 3月号が好評発売中!
 日経Linux 2022年3月号では「はじめてのラズパイ&電子工作」と題した100ページ極厚付録が付いています。ラズパイと周辺機器の買い方、OSのインストール法や初期設定から丁寧に解説します。OSは、公式の「Raspberry Pi OS」と人気Linuxの「Ubuntu」を動かし、デスクトップPC、サーバーとしてフル活用。電子工作ももちろん網羅し、LEDのつけ方から始めて、36種の使い方に分けてやさしく解説します。

 ラズパイの公式OSは「Linux」ですが、日経Linux 3月号のメイン特集は「Linux超入門」。PCでLinuxを動かし、Windowsと同じように使う方法を52ページにわたって詳説します。特集2は、Linuxとは何か、その仕組みを解説する「カーネル&ディストリ 基本のキホン」です。

日経Linux 3月号の購入は<<こちら!>>