家の中にある照明・家電・各種センサーなど33の機器を連携し、音声コマンドとAndroidタブレットを使った専用パネルから集中管理できるスマートホームコントローラーです(図1)。半年間の育児休暇で気付いたさまざまな課題を、ラズパイとIT技術で解決します。

図1 中央がスマートホームコントローラーの端末、左がラズパイ本体、右はAmazon Echo
図1 中央がスマートホームコントローラーの端末、左がラズパイ本体、右はAmazon Echo
[画像のクリックで拡大表示]

 図2が構成です。ラズパイ3Bを中心に、入力のインタフェースとしてAmazon EchoとAndroidタブレット端末を使いました。機能は豊富で『家電操作』では「ただいま」と話しかけると照明とエアコンをオンにします。『テレビ操作』では自作したAlexaスキルでYouTube動画検索も可能です。『ミルク&オムツ記録』では「ミルクを記録して」と話せば時間を記録できます。このほか『雨が降るかもお知らせ』『窓&ドアの戸締まり確認』などがあります。

図2 スマートホームコントローラーのシステム図
図2 スマートホームコントローラーのシステム図
[画像のクリックで拡大表示]
【PR】日経Linux 3月号が好評発売中!
 日経Linux 2022年3月号では「はじめてのラズパイ&電子工作」と題した100ページ極厚付録が付いています。ラズパイと周辺機器の買い方、OSのインストール法や初期設定から丁寧に解説します。OSは、公式の「Raspberry Pi OS」と人気Linuxの「Ubuntu」を動かし、デスクトップPC、サーバーとしてフル活用。電子工作ももちろん網羅し、LEDのつけ方から始めて、36種の使い方に分けてやさしく解説します。

 ラズパイの公式OSは「Linux」ですが、日経Linux 3月号のメイン特集は「Linux超入門」。PCでLinuxを動かし、Windowsと同じように使う方法を52ページにわたって詳説します。特集2は、Linuxとは何か、その仕組みを解説する「カーネル&ディストリ 基本のキホン」です。

日経Linux 3月号の購入は<<こちら!>>