「パル」は音声認識で会話ができ、話し言葉に反応し動けるロボットです(図1)。人と自然な関係性を築けるよう、人を画像認識することも可能です。

図1 「パル」の前面と側面
図1 「パル」の前面と側面

 音声認識によりさまざまな動作が可能です。「こんにちは」「名前は?」などと声をかけると返事をします。返事は何通りか用意してあり、変化に富んだ会話が可能です。「右手を挙げて」「後ろに下がって」などの単純な動作はもちろん、「ダンスして」と言えば音楽を流しながら踊ることもできます。

 音声認識エンジンは「Julius」を使っています。「おはよう」という単語に「おはよう」と返事をするとロボットが自分の声を聞いて無限ループに陥るトラブルが生じたため、「グッドモーニング」と返事をするなど会話に気を遣いました。

 カメラの部分では画像認識エンジンの「OpenCV」により人の顔を認識できます。「人を見つけて」と話しかければ、動きながら人の顔を探し、認識できると近づいていきます。

【PR】日経Linux 3月号が好評発売中!
 日経Linux 2022年3月号では「はじめてのラズパイ&電子工作」と題した100ページ極厚付録が付いています。ラズパイと周辺機器の買い方、OSのインストール法や初期設定から丁寧に解説します。OSは、公式の「Raspberry Pi OS」と人気Linuxの「Ubuntu」を動かし、デスクトップPC、サーバーとしてフル活用。電子工作ももちろん網羅し、LEDのつけ方から始めて、36種の使い方に分けてやさしく解説します。

 ラズパイの公式OSは「Linux」ですが、日経Linux 3月号のメイン特集は「Linux超入門」。PCでLinuxを動かし、Windowsと同じように使う方法を52ページにわたって詳説します。特集2は、Linuxとは何か、その仕組みを解説する「カーネル&ディストリ 基本のキホン」です。

日経Linux 3月号の購入は<<こちら!>>