電車好きの子供のために作った音声で操作が可能な「子供用アレクサ対応プラレール」です(図1)。4歳の兄とは違い、2歳の弟はすぐにものを投げます。このため、投げられても壊れない、オリジナルのプラレールに近い強度を目指しました(図2、3)。

図1 プラレールの電気機関車「EF65」に機構を組み込んだ
図1 プラレールの電気機関車「EF65」に機構を組み込んだ
[画像のクリックで拡大表示]
図2 基板や配線の接合部はグルーガンで頑丈に固定
図2 基板や配線の接合部はグルーガンで頑丈に固定
[画像のクリックで拡大表示]
図3 2歳児にいきなり投げつけられた様子
図3 2歳児にいきなり投げつけられた様子
[画像のクリックで拡大表示]

 前面に充電用の端子がありますが、オリジナルの寸法内に収っているので、トンネルやUターンレール、ストップレールなど、各種プラレール部品との互換性を保てています。

 音声命令により前進、停止、後退ができます。純正のプラレールと違って後退ができるので列車の入れ替えなどの凝った操車も可能です。さらに、前照灯と尾灯はそれぞれ点灯、消灯ができ、走行中でも音声で操作が可能です。それぞれ、「アレクサ EF65 ON」「アレクサ EF65尾燈 ON」などのボイスコマンドで操作します。子供は電源を切り忘れるので自動電源オフ機能も備えます。

【PR】日経Linux 3月号が好評発売中!
 日経Linux 2022年3月号では「はじめてのラズパイ&電子工作」と題した100ページ極厚付録が付いています。ラズパイと周辺機器の買い方、OSのインストール法や初期設定から丁寧に解説します。OSは、公式の「Raspberry Pi OS」と人気Linuxの「Ubuntu」を動かし、デスクトップPC、サーバーとしてフル活用。電子工作ももちろん網羅し、LEDのつけ方から始めて、36種の使い方に分けてやさしく解説します。

 ラズパイの公式OSは「Linux」ですが、日経Linux 3月号のメイン特集は「Linux超入門」。PCでLinuxを動かし、Windowsと同じように使う方法を52ページにわたって詳説します。特集2は、Linuxとは何か、その仕組みを解説する「カーネル&ディストリ 基本のキホン」です。

日経Linux 3月号の購入は<<こちら!>>