「赤上げて、赤下げて…」の掛け声でおなじみの旗揚げゲームを遠隔地からでも遊べる「どこでも旗揚げクン」です。指示をするゲームマスターと、旗を振るプレーヤーの2人で遊びます。

 ゲームマスター側には図1のロボットを置き、プレーヤー側には図2のカメラ装置を置きます。ゲームマスターがZoomなどの音声で旗揚げの指示を送り、プレーヤーが旗揚げをすると、カメラ装置がOpenCVで旗の状態を認識します。検出結果に合わせて、ロボットがプレーヤーの旗揚げを再現します。

図1 ゲームマスター側に置くロボット。遠隔地のプレーヤーの旗揚げを再現する
図1 ゲームマスター側に置くロボット。遠隔地のプレーヤーの旗揚げを再現する
[画像のクリックで拡大表示]
図2 プレーヤー側のカメラ装置。カメラの下には検出結果を示す赤と青のLEDがある
図2 プレーヤー側のカメラ装置。カメラの下には検出結果を示す赤と青のLEDがある
[画像のクリックで拡大表示]
【PR】日経Linux 3月号が好評発売中!
 日経Linux 2022年3月号では「はじめてのラズパイ&電子工作」と題した100ページ極厚付録が付いています。ラズパイと周辺機器の買い方、OSのインストール法や初期設定から丁寧に解説します。OSは、公式の「Raspberry Pi OS」と人気Linuxの「Ubuntu」を動かし、デスクトップPC、サーバーとしてフル活用。電子工作ももちろん網羅し、LEDのつけ方から始めて、36種の使い方に分けてやさしく解説します。

 ラズパイの公式OSは「Linux」ですが、日経Linux 3月号のメイン特集は「Linux超入門」。PCでLinuxを動かし、Windowsと同じように使う方法を52ページにわたって詳説します。特集2は、Linuxとは何か、その仕組みを解説する「カーネル&ディストリ 基本のキホン」です。

日経Linux 3月号の購入は<<こちら!>>