夜中に目が覚めた時に揺らすと時刻を声で教えてくれます(図1)。翌朝、お知らせした時刻を自分のTwitterアカウントで自動でつぶやきます。寝ぼけていると時計を見ても分からない場合があるので、音声だと判りやすい上、翌朝Twitterを見れば、自分が大体何時ごろに起きているのかが判別できます。

図1 ラズパイ1Aにスピーカーを接続
図1 ラズパイ1Aにスピーカーを接続
[画像のクリックで拡大表示]

 揺らすと反応する仕組みは傾きセンサーを使いました(図2)。傾きセンサーはチャタリングが生じるので、ただ付けただけでは何回も反応してしまいます。そこで、チャタリングを回避するソフトウエアを組むことで解決しています。

図2 傾きセンサーは裏面に内蔵
図2 傾きセンサーは裏面に内蔵
[画像のクリックで拡大表示]
【PR】日経Linux 3月号が好評発売中!
 日経Linux 2022年3月号では「はじめてのラズパイ&電子工作」と題した100ページ極厚付録が付いています。ラズパイと周辺機器の買い方、OSのインストール法や初期設定から丁寧に解説します。OSは、公式の「Raspberry Pi OS」と人気Linuxの「Ubuntu」を動かし、デスクトップPC、サーバーとしてフル活用。電子工作ももちろん網羅し、LEDのつけ方から始めて、36種の使い方に分けてやさしく解説します。

 ラズパイの公式OSは「Linux」ですが、日経Linux 3月号のメイン特集は「Linux超入門」。PCでLinuxを動かし、Windowsと同じように使う方法を52ページにわたって詳説します。特集2は、Linuxとは何か、その仕組みを解説する「カーネル&ディストリ 基本のキホン」です。

日経Linux 3月号の購入は<<こちら!>>