簡略化したブロックを用意する一方で、BASICの記述への移行を容易にするための詳細なブロックも別途用意している。エディターの開発には「Blockly」を使用し、Googleの「Chrome」上で動作する
(鴻池泰元氏の投影資料より)