文章を書くのが苦手な児童は、段落を行ったり来たりしながら書けそうなところから書いていく傾向が見られたという
(出所:福島耕平氏の発表資料)