相賀氏は、こうした手法の効果が、1年生が受験した「英検」の結果に反映されたと見る。リーディングやライティングの1次試験合格者のうち、スピーチのみとなる2次試験の合格率が準2級で84%、2級で100%などと高かった。

小学生から高校生まで参加したプレゼン大会

 佐賀県ICT利活用教育フェスタでは、「高校生ICT利活用プレゼンテーション大会」も例年実施されている。今回は初めての試みとして、小中学生のチームが特別枠で参加した。

 小学生は地元商店街の活性化を提案した白石町立白石小学校の「白っ子隊」、中学生はプレゼンテーション自体の意義について語った佐賀市立大和中学校パソコン部。いずれも小中学生としてはレベルの高いプレゼンを展開した。指導教員のサポートに加えて、積極的にPCを導入するなど小中学校でのICT活用教育にも熱心な佐賀県の取り組みが、プレゼンやPC活用のレベルを底上げしているのだろう。

地元の商店街を活性化するにはどうしたらよいかを考えた白石小学校チームの発表。学芸会さながらに、様々なアクションを交えての楽しいプレゼンを披露した

 高校生は、4チームと4人の個人が、いずれも完成度の高いプレゼンを披露した。個人の部で最優秀賞を獲得したのは、佐賀商業高等学校の平野寛子さん。「小学生でも安全に作れる線香花火」をテーマに作成したプレゼンだ。

 線香花火の材料として、平野さんは身の回りにある鉄粉を探したが、なかなか見つからずに苦労した。その経験や、失敗しながらも最終的には線香花火の手作りに成功した過程を、手書きのイラストや実験結果の動画を交えながら、分かりやすく説明した。平野さんは、大会前の3週間は部活動にも行かずに発表の練習をしたそうだ。

最優秀賞に選ばれた平野寛子さんのプレゼンは、親しみやすいイラストや実験の様子を撮影した動画が目を引いた
(出所:平野寛子さんの発表スライドから)