グループの部で最優秀賞に選ばれたのは牛津高等学校のチーム。同校の科目「起業家入門I」での学習テーマ「小城市の地域活性化」に沿って実践した、新商品開発の過程を発表した。地域の名物である羊羹(ようかん)を若者が食べていないという現状に注目し、羊羹を採用しつつ若い人にも受け入れられる商品の開発を目指した。試作品の試食では不評だった様子をプレゼンターのアクションで表現するなど、テンポ良くハキハキとした発表が印象的だった。

グループ部門の最優秀賞は牛津高校の「起業家入門I・1班」。「Youkanチーズサンド」を開発するまでの道のりを紹介
小城高等学校の泉るなさん。親族が東北と熊本の地震で被災した経験から始めた音楽を通じたボランティア活動を発表した
個人の部で最優秀賞に表彰された佐賀商業高校1年の平野寛子さん(左端)と、団体の部で最優秀賞に選ばれた牛津高校2年「起業家入門I・1班」のメンバー