加えて、政府のIT政策の指針となる新戦略「世界最先端IT国家創造宣言」の影響も大きいと思われる。平成26年6月に改定された版においては、初等・中等段階におけるプログラミング教育の充実などがうたわれており、その工程表では2019年から全国展開することが予定されている。それに先駆けるかたちで、平成24年度からは中学校の技術・家庭科において「プログラムによる計測・制御」が必履修単元に組み込まれている。

 こうしたプログラミング教育熱や政策の動きを受けて、子供向けのワークショップや教室などでScratchを使ったプログラミングを取り入れる機会が増えてきている。それが、日本でのユーザー数の増加につながっているのだろう。総務省の調査では、教室・講座で利用されているプログラミング言語の36%を占め、最大のシェアとなっている。

写真2●『小学生からはじめるわくわくプログラミング』発行記念イベントにて(写真/都築雅人)

 以上は全般的な動きだが、個別に見ていくと、日本各地でScratchを使ってプログラミングのワークショップを開催するという動きは以前からあった。それらに加えて、近年の目立った活動を挙げると、NPO法人CANVASがGoogleの支援を受けて行ったPEG(Programming Education Gathering)がある(関連記事「5000台のRaspberry Piを提供するプログラミング学習支援活動『PEG』が本格始動」、「Raspberry Piをなぜ子どもたちに与えるのか」)。

 PEGは、小型PCボードのRaspberry Piを5000台提供した運動とみなされることもあるが、5000台提供しただけではなく、プログラミングとものづくりに関する指導者の育成およびコミュニティの支援も重要な目的だ。だからこそ「Gathering」(集う)という言葉を活動名に入れている。実際、日本各地のコミュニティ活動が活発化しており、その状況はPEGのサイトから見ることができる。