イェンソン:裾野という意味では、対象とする言語も広げていく計画です。今は日本語を母語とする人が英語を学ぶためのサービスですが、これができれば、逆もできるはずです。英語を話す人向けの日本語学習サービスですね。

 さらに、英語を話す人向けのスペイン語学習サービスができれば、英語をハブにすることで、日本人向けのスペイン語学習サービスも作れます。こうして、どんどん対応言語を広げていきたいですね。

 ちなみに、最初の対応言語として日本語を選んだのには、重要な意味があります。日本人ほど、重箱の隅をつつくユーザーはいません(笑)。日本人を満足させられるサービスができたら、ある程度の国の人を満足させられるはずです。

山内:東京大学の元総長である小宮山宏さんが、「日本は課題先進国だ」とおっしゃっていました。高齢化が代表例ですが、英語学習に悩んでいることも課題の一つです。

 小宮山さんは同時に、「こうした課題を乗り越えられれば、世界に先駆けて新しいものを生み出せる」とも説明されていました。多くの日本人は、頑張って英語を勉強したいと思っています。そこで培われたシステムが、世界に広がることを期待しています。

 アルナさん、今日はどうもありがとうございました。

対談を終えたイェンソン氏(右)と、山内教授