山内:これほどさまざまな活動をされていますが、保育園で使っているiPadはなんと1台きりなんですよね?

杉本:そうなんです。その1台を、みんなでどう使うかにこだわっています。

ポイントは「1台のiPad」の共有

山内:それが驚きなんですが、この点が、iPad活用のものすごい“本質”を突いていると僕は思います。ポイントは「みんなでシェアする」ということですよね。

杉本:そうですね。1台をみんなで見る形でなければ、子どもたちのこれほど生き生きした表情は見られないと思います。

 グループにiPadが1台ずつあると、先生は監視や指導をしてしまいます。1台なら、「子どもたちに伝えたいことを見せる」ことに集中できます。実は先日、iPadを新たに3台お借りする機会があって使ってみたんですけど、「やっぱり難しいな、1台がいいな」と思いました。

愛用のiPadを手に語る、杉本園長

山内:現在、「1人1台」の環境を整備しようとする取り組みが小学校などでも進んでいます(PC Onlineの関連記事:ついに来た学校タブレット革命)。そのとき、どうしても端末をいかに整備するかが先になってしまう面があります。