それでも「難しそう」「専門性が高そう」というイメージがつきまとうのがプログラミングです。「2020年からの必修化が決まっているとはいえ、子どもが手を出せるようなものなのだろうか?」と感じる人は、小学校の算数の授業を思い出してみるとよいでしょう。はじめは「1+1」や「3−2」といった、ごく初歩的な計算から習い、数の概念を段階的に身につけていったはずです。

 プログラミング教育も同様で、特に小学校では、難しいプログラミング言語を習うわけではなく、本来は複雑なプログラムをわかりやすいイラストやパーツで表現した「ビジュアルプログラミング言語」を用いて「プログラミングに要求される考え方」に触れます。初歩的な計算から入り、次第に高度な計算式を解けるようにする算数・数学の進み方に近いものになるでしょう。

 なお、あとで詳しく解説しますが、計算が日常生活に役立つように、プログラミングの「考え方」や「発想力」も、日々の暮らしの中で生かすことができます。小学校で習うのは、まさにこの基礎になる部分。プログラマーにならなくとも、将来にわたって役に立つスキルです。

小学校で主に学ぶのは“考え方”
小学校では「考え方」を中心に進め、中学校以降で実践的な内容を学びます
小学校で学ぶ「プログラミング的思考」はプログラミングに至る前の基本的発想方法
プログラミング的思考は「論理的思考」とも呼ばれるもの。小学校ではマウスで操作する「ビジュアルプログラミング言語」で学びます