図2 スクラッチのWebサイトにアクセスし、「作る」か「やってみる」をクリックしてプログラミングを始めよう。アカウントを作ると、作品の保存や公開もできるようになる。