黒電話をスマホの子機(Bluetooth対応イヤホン)として使えるように改造しました。ダイヤルを回して発信でき、着信時にはベルが鳴り、モーニングコール機能もあります。屋外でも黒電話で電話できるのはなかなか楽しいです(図1)。

図1 屋外で利用中の黒電話

 中にはラズパイと自作回路が入っています(図2)。自作回路は、ダイヤルとフックから延びるケーブルをラズパイのGPIOにつなぐ機能と、黒電話内蔵のベルを鳴らす機能があります。内蔵のベルは接続されたコイルに交流電流を流すと鳴ります。コイルにモータードライバーをつなぎ、正転・逆転を切り替えることで交流電流を作りました。

図2 黒電話の内部

 モーニングコールは旅館などと同じように、ダイヤル「5」をかけて設定します。音声合成ソフト「AquesTalkPi」を使って設定時刻を問いかけ、時刻はダイヤルで入力してもらいます。ラズパイからスマートフォンの発着信操作をするため、BluetoothのHFP(ハンズフリープロファイル)を使いました。

【PR】ラズパイ&周辺機器がお得に買える!

専門誌「ラズパイマガジン」がセレクト

 Raspberry Pi(ラズパイ)の最新機種Pi 3 B+、600円からのPi Zero、カメラ、ディスプレイ、オリジナルの拡張基板など、ラズパイ関連製品がお得に買える「Raspberry Pi販売サイト」です。日本で唯一のラズパイ専門誌「ラズパイマガジン」(2014年7月創刊)が運営しています。

 ラズパイマガジンが選んだ入門者向け部品セットも用意しています。ブレッドボードやジャンパー線も入っていて、各種部品の使い方はラズパイマガジンで解説しています。

 商品の一覧は<<こちら!>>