「しゃべる電子辞書」は作者の祖父のために作った、目の不自由な人でも使える電子辞書です(図1)。触感で違いが分かるように凹凸のあるアイコンが付いたボタンで操作し(図2)、検索結果は音声合成で聞けるようになっています。搭載するのは四字熟語辞典と薬事典です。

図1 ボタン操作+合成音声で使える「しゃべる電子辞書」
図2 ボタンはアクリル板で作ったアイコンを貼り付けて凹凸を表現

 操作は(1)辞書の選択、(2)検索語句の入力、(3)検索結果から内容を知りたい語句の選択、(4)内容の読み上げ、(5)次の行動の選択、のモードに分かれています。基本操作は本体側面に備えた左右の三角ボタンで項目を選び、中央の丸ボタンで決定します。文字入力のときは三角ボタンが「次の文字を入力」と「一文字削除」となります。例えば「あ」を入力するには「あ行ボタン」×1回→「右三角」、「い」を入力するには「あ行ボタン」×2回→「右三角」、となります。

 ラズパイをシャットダウンする電源オフスイッチも備えるほか、小型の無停電電源装置も内蔵しています。

【PR】ラズパイ&周辺機器がお得に買える!

専門誌「ラズパイマガジン」がセレクト

 Raspberry Pi(ラズパイ)の最新機種Pi 3 B+、600円からのPi Zero、カメラ、ディスプレイ、オリジナルの拡張基板など、ラズパイ関連製品がお得に買える「Raspberry Pi販売サイト」です。日本で唯一のラズパイ専門誌「ラズパイマガジン」(2014年7月創刊)が運営しています。

 ラズパイマガジンが選んだ入門者向け部品セットも用意しています。ブレッドボードやジャンパー線も入っていて、各種部品の使い方はラズパイマガジンで解説しています。

 商品の一覧は<<こちら!>>