「畑ウォッチャー」は趣味の家庭菜園を見守る監視カメラです。ソーラーパネルで充電した電力でラズパイとカメラ、LTE通信を稼働させ、夜間は自動的に電源をシャットダウンさせます。これで外部給電をせずに単体でストリーミング配信と1時間に1枚の自動写真撮影を1年半も続けています(図1)。ラズパイ本体は屋根を兼ねたソーラーパネルの下に置き、通信はでLTE対応のUSBモデム「L-03D」を使っています(図2)。

図1 電源もWi-Fiもない環境で動画を配信
図2 ソーラーパネルの下に本体を設置

【PR】ラズパイ&周辺機器がお得に買える!

専門誌「ラズパイマガジン」がセレクト

 Raspberry Pi(ラズパイ)の最新機種Pi 3 B+、600円からのPi Zero、カメラ、ディスプレイ、オリジナルの拡張基板など、ラズパイ関連製品がお得に買える「Raspberry Pi販売サイト」です。日本で唯一のラズパイ専門誌「ラズパイマガジン」(2014年7月創刊)が運営しています。

 ラズパイマガジンが選んだ入門者向け部品セットも用意しています。ブレッドボードやジャンパー線も入っていて、各種部品の使い方はラズパイマガジンで解説しています。

 商品の一覧は<<こちら!>>