Webブラウザーで文書を編集

 Office文書を読んでいて、文字の修正やサイズ変更などを加えたくなったとする。この程度の簡単な修正なら、Webブラウザーの画面で手早く済まそう。修正したいのがWord文書の場合は、メニューから「Word Online」での編集モードに移行すればOK(図5)。実行すると、Wordソフトと同じようなリボンやメニューが表示され、文書を修正できるようになる。なお、ここでの修正は自動保存されるので注意しよう。

●Webブラウザーで文書の編集も可能
図5 文書内の文字などを修正したいときは、「文書の編集」をクリックし、メニューから「Word Online上で編集」を実行(上)。パソコンのWordソフトと同じようなリボンメニューが表示され、文字の修正などができるようになる(右)

 Excelの場合はOneDriveで開くだけで、図6のようにセル内の数値を変更したり、グラフの種類を変更したりできる。PowerPointの文書は、Wordと同じように編集モードに移行する(図7上)。スライド内の修正、新しいスライドを追加、文字や図形を挿入するなど、Office非搭載のパソコンでも資料作成の作業を進められる(図7左下)。

 PowerPoint文書では、OneDrive上からスライドショー形式で表示する機能も使える。実行すると、全画面表示に切り替わり、左右の矢印キーなどでスライドを切り替えられる(図7右下)。急にプレゼンをするといった場面でも、インターネットにつながったパソコンがあれば、OneDrive上からファイルを開ける。

図6 Excelの文書ファイルの例。こちらはファイルを開くだけで、すぐに編集できる(左)。セル内の数値を修正したり、グラフの種類を変更したりといった操作もできる(右)
図7 PowerPointのファイルも扱える。こちらはWordと同じようにファイルを開いたあと、編集するかどうかを選択する(上)。文字の修正はもちろん、SmartArtを使ったスライドの作成も可能だ(左下)。また「スライドショー」の表示を選べばプレゼンにも使える(右下)