富士ソフトの「マイクロ相撲ロボット」。専用アプリで作成したプログラムは、ロボットに5種類送信しておき、本体のボタンで切り替えて実行できる