特別賞は、熊本高専(熊本キャンパス)の「むすぶっし」、豊田高専の「Androne」、米子高専の「NANASE」、熊本高専(八代キャンパス)の「やまび~こん」が獲得した(写真4)。むすぶっしは避難グッズの管理・共有システム、Androneは避難誘導にドローンを活用したシステム、NANASEは緊急時の所在・安否確認システム、やまび~こんは、ビーコンを活用した登山者向けの支援システムである。

写真4●左から、熊本高専(熊本キャンパス)の「むすぶっし」、豊田高専の「Androne」
米子高専の「NANASE」(左)、熊本高専(八代キャンパス)の「やまび~こん」(右)

 自由部門では、弓削商船高専の「Smart AIS」と呼ぶ、船舶の識別符号、種類、位置、針路、速力、航行状態といったAIS(Automatic Identification System)情報をスマートフォン端末で閲覧できるシステムが獲得した(写真5)。AISは、通常は専用装置で実現されるものだが、搭載義務がなく資金力にも欠ける小型船舶でも導入しやすくした。

写真5●弓削商船高専の「Smart AIS」(左)と東京高専の「PULL DOG」(右)

 優秀賞は、東京高専による、力覚を利用したナビゲーション・システム「PULL DOG」(写真5)、特別賞は、香川高専(詫間キャンパス)の「Canvas」と鳥羽商船高専の「素敵な劇しまSHOW」が獲得した(写真6)。Canvasは、布地の表面にかかる力を筆圧に変える描画システム。素敵な劇しまSHOWは、小学校などの寸劇の演出向けにプレゼンテーションソフトを活用するシステムである。

写真6●香川高専(詫間キャンパス)の「Canvas」(左)と鳥羽商船高専の「素敵な劇しまSHOW」(右)

 企業賞としては、課題部門において、東京高専の「ホップ!ステップ!マップ!」が東芝ソリューション企業賞、豊田高専の「Androne」がトヨタコミュニケーションシステム企業賞、米子高専の「NANASE」がさくらインターネット企業賞をそれぞれ獲得した。

 自由部門では、久留米高専の「音theBounce!」がCygames企業賞、鳥羽商船高専の「素敵な劇しまSHOW」が富士通企業賞、阿南高専の「NY BATH GUIDE」がブロードリーフ企業賞、沖縄高専の「VirtualLive」がインテリジェントウェイブ企業賞をそれぞれ獲得した。