コミカルなスフィロの動きに一喜一憂しつつプログラムを仕上げていく生徒たち。随所で歓声が上がるなど、スフィロの存在が「プログラミングは楽しい」という意識にさせていた