Wi-Fiで接続した複数のタブレットで画面を共有

 東芝は、複数のタブレットをWi-Fiで接続して、画面の共有などができる学習システム「TruNote Classroom」を参考出展した。専用のサーバーなどが不要で、同一のアクセスポイントに接続したタブレットだけで利用できるのが特徴。製品化の時期は未定としている。同社は、タブレットのカメラで撮影した画像に、動画や画像などを簡単に埋め込めるアプリ「dynaSchool デジタルノート@クリエイターズ」も展示した。児童・生徒のノートをタブレットで撮影して、そこに動画や画像などを埋め込むといった使い方を想定。「アナログのノートとデジタルの表現力の融合で“考えをまとめる・編集する力”や“効果的に伝える・発表する力”を育める」という。

東芝は、Wi-Fiで接続したタブレット間で画面共有などができる学習システム「TruNote Classroom」を参考出展した。専用のサーバーなどが不要で、同一のアクセスポイントに接続したタブレットだけで利用できる
「TruNote Classroom」のデモ。左の2台は画面を共有している同一グループのタブレット。右の教員用の端末では、各グループの画面を一覧で確認できる
タブレットのカメラで撮影した画像に、動画や画像などを簡単に埋め込める東芝のアプリ「dynaSchool デジタルノート@クリエイターズ」のデモ。紙のノートを撮影した画像に写真や動画を埋め込んでいる

 このほか、タブレットや電子黒板などで利用するデジタル教材の展示も多くあった。教科書会社などが参加してデジタル教科書の共通プラットフォームの開発などに取り組んでいるコンソーシアム「CoNETS(コネッツ)」のブースでは、各社のデジタル教科書を展示。会場では、識者によるミニセミナーも実施した。

光村図書が出展した中学校2年生向けの国語のデジタル教科書。文章の一部を指でなぞるだけで、文章を上部に切り出すことができる。文章同士の関係などを学習するのに役立つという