写真2●命令のブロックをドラッグ・アンド・ドロップで移動して組み合わせることで、RoBoHoNの動きをプログラミングできる